お店選びから始まる

 

風俗嬢として働くことを決めたのならば、必要なのは風俗店で働く自分の体を守ると言うことになると思います。

 

仕事として体を売る事になるのは分かっていても、必要以上にお客にプレイを許してしまったり、働くにしてもそれこそブラック企業のように仕事をさせるようなお店は避けなければならないでしょう。

 

その為に風俗嬢は自分で気を付けなければならない点と言うものを理解して、働く先を見つけ出して行かなければならないのです。

 

どういうお店を選ぶのか、そのお店の人が一体どういうスタッフなのかどうか、それによって働きやすさと言うものはまったく変わって来ると思いますし、その働きやすさはその先の仕事がどれだけ続くかにも関係してくるものになると思うので、慎重に選ぶ必要があります。

 

また、もしも自分の中で上手くは行かないだろうと思うような職場に出会ってしまったら、直ぐにそこを離れて別の職場を探すことがお勧めです。

 

どうしても、どちらにしろ体を売る事には変わりが無いのだからとずるずる続けてしまう人も居るようですが、環境によって働きやすさが違うと言う事を知る機会を失うだけになりますし、あまりに酷い職場を選ぶとそれだけでも精神的に参ってしまうので、同じ風俗でも働き易い場所を見つけましょう。

 

面接の時におかしいと思ったら

 

風俗嬢として働く前に、面接などを受けることになるとは思うのですが、その面接と言うのは何もお店側があなたを風俗嬢として雇うかどうか、それを決めるばかりのものではありません。

 

実際に風俗店に出向いて見て、ここで本当に働きたいと思えるかどうか、あなたがそれを判断するきっかけにする場所でもあると思います。

 

ただ情報を集めて何となくそこのお店で働こうと決めたとしても、いざ面接を受けることになってそのお店に出向くと、そこで初めて知るそのお店の雰囲気と言うものもあると考えられます。

 

そうした雰囲気と言うのはある程度スタッフの話し方などを見たり、また仕事の流れを聞いた時に見えてくることが多いので、もしもその時点でその風俗店に不満を抱きそうになった場合や、違和感を感じた場合には、いくら面接で好印象を持たれたとしても働くかどうかは考えな直した方がいいと思います。

 

その違和感などを放って、いざ本当に働いてしまうと中々辞めることも出来なくなってしまったなどと言う人も居ると思いますし、だからと言って良い職場とも言えず、風俗なんてそんなものなのだと言い聞かせながら仕事をしなければならなくなってしまう人だって居るはずです。

 

そうはならない為にも、しっかりとした職場選びをするために、面接でのお店の雰囲気を判断すると言うことは大切なものだと覚えておくことが必要だと思います。